最近は日本酒もたしなむようになったわたくし。


数ある日本酒の中でも、諫早にある杵の川酒造さんのお酒がお気に入りです。


今日はその杵の川酒造さんの蔵開きに行ってきました。


昼過ぎに着いた時は会場は大賑わいで、駐車場も満杯。
仕方なく、近くの川辺に停めて歩いて会場へ。

f0319113_17201590.jpg

蔵開きには初めて来ましたが、こんなに人が来ているとは正直ビックリでした。


車で一人で来たため、残念ながら新酒の試飲は我慢我慢…(T_T)


飲酒運転はダメ!ゼッタイ!!笑


でもフンパツして吟醸純米酒とにごり酒、そして蔵開き限定酒を購入しました。


今夜の晩酌が楽しみです(*´ω`*)


蔵開きの帰り、車のメンテのためプジョーのディーラーに立ち寄る。


すると、先日デビューしたばかりの3008が展示してあった。


ジロジロ見ていると、ディーラーの方に「どうぞ試乗して下さい」と声をかけて頂き早速試乗。


f0319113_17201678.jpg

なんとも先進的な、凝った造りのインパネ。
メーターも液晶でしゃれとんしゃ〜(*´꒳`*)


3008は308がベースになっているものの、SUVだけあって視点が高くて見晴らしが良く、運転し易かったです。

f0319113_17201665.jpg

f0319113_17201747.jpg

308を購入した時に3008がデビューしてたら、こちらを買ってたでしょうね…‼︎

[PR]
# by palms-flame | 2017-03-19 17:14 | Comments(0)
今日はムスメの小学校卒業式でした。



長崎県下有数のマンモス校だけあって、卒業式に参加していた在校生は5年生だけでした笑


卒業式後、最後のホームルームのとき、サプライズで子供から親への「感謝の手紙」があり、私も妻もつい涙がホロリ。


小さい身体に不釣り合いな大きなランドセルをからって登校してたのがついこないだのような気がするムスメも、来月からは中学生。


中学ライフも頑張ってくれ!!




[PR]
# by palms-flame | 2017-03-17 21:34 | Comments(0)
今晩は!模型猿です(^o^)/

f0319113_23290744.jpg


f0319113_21045069.jpg


前回パテ埋めしたフッドの艦首、パテ乾燥後に800番代の水ペーパーでヤスリがけ。


f0319113_21045139.jpg

f0319113_21045250.jpg

とりあえずヒケは消えた…のかな?
なにぶんパテ埋め作業は初めてゆえ、イマイチよくわかりません(笑)


f0319113_21045291.jpg

パテ埋めの他に、上甲板の塗装も行いました。
こちらは缶スプレーを使用して、ちゃちゃっとスピーディーに。


f0319113_21045392.jpg

船体と上甲板を仮組み。そして前甲板に、やや目立つスキマを発見。
またパテ埋めしなきゃだな…(´-`)


f0319113_21045383.jpg

船体だけを見ると、さすが巡洋戦艦だけあって非常にスマートなスタイルですね。


ボチボチ上甲板構造物の製作も取り掛かっていこうと思います^_^




[PR]
# by palms-flame | 2017-03-07 20:56 | Comments(0)
どうも!釣猿です!(^-^)/


穏やかな晴天に誘われ、午前中は娘を塾に送り届けてから久しぶりに行きつけの野池へGO。


かつての土曜日の恒例、塾の送迎の合間だけの僅かな釣行タイム。
中学受験が終わって塾の送迎は無くなると思いきや、引き続き特待生待遇とやらで中学に入る前から高校入試に向け、これまでと同じ塾に通う事になった我がムスメ。


名前だけの特待生ならセールストークと判断して辞めさせようと思っていましたが、金銭面でもかなり優遇されるようなので留まらせる事にしました。


この先三年間、土曜日の塾の送迎はまだまだ続くのであった…d( ̄  ̄)


さて、今回の釣行ではミドスト用にニュータックルを用意した。


f0319113_20505643.jpg

ロッド:エクスプライド265UL+
リール:コンプレックスCI4+ C2500S
いずれもシマノの2017年新作デス♪(*≧∀≦*)/


去年はダイワ党だったのに、今年はどっぷりシマノ党(笑)


これまで使用してきたブラックレーベルFM641ULFSも良いロッドだったが、本来はファーストムービング用のロッドであるため、リールシートのフォアグリップの形状がシェイキングに適していないのが唯一の不満点だった。


エクスプライドはフォアグリップの形状がコンパクトでリールフットも私の手にフィットし、ロッドを立てた状態でのシェイキングの動作がし易い。何よりこのロッドは「エキサイトトップ」という、シェイキングに特化したロッドティップが搭載されている。ミドスト専用とはうたっていないが、まさにミドストのためにあるようなロッドだと思って購入。


リールも、前のルビアス2004Hはライン巻取量が一回転で75cmだったのに対し、コンプレックスC2500Sは一回転で68cm。
つまり、同じ速度でハンドルを巻いても、よりゆっくりとルアーを動かす事が可能となるのだ。


ミドストはロッドワークやリーリングでルアーを動かすのではなく、シェイキングで発生したラインスラックのラインの重量のみでルアーは左右に揺れながら前に進む。


ラインスラック以上のラインを巻くとルアーがリーリングで動く事になるため、ミドストにはゆっくりと巻けるローギアのリールがベストなのだ。


しかし、ここまでは机上の空論。カタログスペックだけを見て「これはミドストにぴったり」と思っていても、現場の実釣でしか見えてこない事もあるのが釣り具というものだ。


釣り場に着いて、先ずは池の様子を伺う。


すると、岸際にバスが数匹泳いでいるのが見えた。


この時期、シャローをうろつくバスはそうそういない。
これはもしかして、今日はバスの食い気が立っているのかもしれない!


バスのスクールが泳いで行った先をめがけてキャスト。
だが一投目は残念ながらノーバイト。


二投目からは、新しいタックルを存分に検証する事にした。


前のロッドはハードベイト用のためにカーボンの含有率が80%程度で、シェイキングの時にダルさというか粘りけのあるフィーリングだった(これはこれでミドストにはよかった)が、新しいロッドはカーボンの含有率がほぼ100%という事もあり、軽くて全体的に張りがありシャープだ。


シマノのロッドは似たようなカーボン含有率で同じパワーの場合でもダイワに比べて張りが強いイメージがあるが、このロッドもどちらかと言えばピンシャン系のロッドである。


そして残念ながら、ルアーをキャストした時の飛距離は前のタックルの方が上だった。
エクスプライドはブラックレーベルよりも長さが1インチ長いにも関わらず…である。
これは、元ガイドが前のロッドのふた回りほど小さいのが飛距離を落としている原因と思われる。


陸っぱりで使用するタックルにおいて飛距離は重要な要素の一つなのだが、ロッドの軽さとシェイキングの操作性、そして感度の良さはエクスプライドの方が優れているので仕方がないと思う。
でも…やっぱり飛距離が劣るのは残念だ(´-`)


ロッドをシェイクする際の感覚も、前のロッドと特性が異なるため慣れが必要だった。
ブラックレーベルはしなるロッドの性格を利用してロッドを大きく揺らすイメージだったが、エクスプライドは第3ガイド付近(この辺がおそらくエキサイトトップが採用された部分)を細かく揺らす意識を持ってシェイクした方が安定した振れが出せるようだ。


しばらくするとロッドのクセもわかってきた。
ロッドをシェイクする右手と、リールを巻く左手の動きも上手くシンクロするようになってきた。


5〜6投ほどした時だろうか?突如ラインスラックが消え、揺れていたロッドのティップが止まった。


こういう場合、ルアーが障害物に引っかかったか、もしくはバスか…だ。


「コンッ」とロッドティップに生命反応。
これは根掛かりじゃない。バスのアタリだ!


ファイト中はジリジリとドラグが出ていく。
なかなかのファイターだ。


思ったより魚が大きいので、急いでドラグを緩める。この新しいリールには「ラピッドファイアドラグ」という、僅かなドラグのピッチ調整だけで大きくドラグが変動する機能がついている。


このリールを購入してからも、「そんなもん、はたしてなんの役に立つかねぇ?」とその機能に疑問を持っていた。


しかし実際には、魚とのやりとりの最中に細かくドラグの調整をする事はあまりない。


ラインが切れると思ったら即座にドラグを大きく緩めねばならない。
ラインが出過ぎて障害物に巻かれると思ったら、即座にドラグを大きく締めなければならない。


一瞬で大きくドラグを変動させる利点はこういう事だったのだ。


ラピッドファイアドラグ、なかなかどうして実戦的なドラグである(^ー^)


水面にバスの姿が見えた。40cmあるかないかの結構良いサイズだ。


ヒットしたのが石段の上だったので、ランディングするために石段の一番端まで移動する事にした。


その移動中、突然のラインブレイク。


使用しているラインはフロロカーボンの4ポンドだが、ラインとジグヘッドの結束が甘かったのか、それともジグヘッドが飲まれたためにバスの歯でラインブレイクしたのか…。


どちらにしろ、バスには可哀想な事をしてしまった。


その後は場所を変え、しばらくキャストを続けるものの全く反応ナシ。


娘を迎えにいく時間が迫ってきた。
どうやらバスは池全体に散らばっているわけではなさそうだ。


となると、やはり最初にバスをばらしたポイント付近が怪しい…?


とりあえず最初の場所に戻るが、数投するも反応はなかった。
これで最後の一投にして帰ろうとした時、ドラマは待っていた。


護岸から45度の角度でフルキャスト。
最後だと思って丁寧にシェイクしながら巻いていると、またラインスラックが消えてロッドの揺れが止まった。


いや、今度は止まったのではなく、すぐにググッと引っ張られた。バスだ!


ヒット!フッキングした途端、横へ下へと激しく抵抗するバス。
ここで再びラピッドファイアドラグの恩恵にあずかる事になった。
ロッドもパワーはUL+だが、バスの強烈な引きに対してもバットパワーがしっかりしていて腰砕けになっていないのは好印象だった。


このバス、明らかに先ほどのバスよりも引きが強い。
…ビッグフィッシュの予感!


もう先ほどの二の轍は踏まない。石垣の端までは行かずに、石垣が一番低くなっている場所から水面に手を伸ばしてランディング。


f0319113_20505675.jpg

獲ったどー!!!!(笑)


f0319113_20505730.jpg

今年初バスは、45cmのナイスフィッシュでした(^-^)v


f0319113_20505823.jpg

ルアー丸呑み♪
てかラインブレイクせんでヨカッタ(^^;)


f0319113_20505886.jpg

ヒットルアーはゲーリーヤマモトのレッグワーム2.5インチ(上下逆付け)。ミドストとダウンショットに使用するワームはこれだけでいいというくらい、私の中で絶大な信頼を寄せているワームです。
なので皆さんは使わないで下さいm(_ _)m


これにてニュータックルの魂注入完了。
これからはミドストにおいて、新しいタックルは文字通り私の右腕として活躍してくれるでしょう!





[PR]
# by palms-flame | 2017-03-04 20:33 | Comments(0)
なんだかんだでようやくフッドの制作開始。

f0319113_21001781.jpg

f0319113_21001812.jpg

フッドの艦首には目立つヒケ(整形時にプラスチックが行き渡らなくて出来るくぼみ)があるので、まずはこれを消す事にします。


f0319113_21001882.jpg

ヒケを埋めるのにはパテを使います。


f0319113_21001910.jpg

これまで一度もパテなんて使った事がなかったので塗る時は少し緊張しましたが、だいたいこんなモンかな(^^;


これが乾いたら、次はヤスリがけに入ります。
[PR]
# by palms-flame | 2017-02-26 20:56 | Comments(0)
←menu